So-net無料ブログ作成
検索選択

池田昭彦の自宅や家族は?山形で過去に起きた事件は?

山形県村山総合支庁農業振興課課長補佐の池田昭彦容疑者(51)が

自宅で長女(9)の右耳を箸で刺し、耳の裏にけが負わせた

疑いで逮捕されました。

池田昭彦の自宅や家族そして山形で過去に起きた事件について

調べてみました。


スポンサードリンク





池田昭彦の自宅や家族は?



池田昭彦容疑者は、山形県村山総合支庁に勤めていましたが、

自宅は宮城仙台市青葉区本町1丁目だそうです。

家族構成は、今回被害に遭ったとみられる長女と

妻の3人暮らしをしていたそうです。

自宅で娘を箸で刺すなんて信じられないと思いましたが、

世の中にはいろいろな家庭があるのだなと思いました。

池田昭彦の妻は昨年12月に警察に虐待の被害届を出していたそうなので、

日常的に虐待を受けていた可能性があります。

山形県のホームページによると

山形県の虐待通告件数は、

25年度は685件に対して

26年度は794件となり、

伸び率が約21%となっています。

また、虐待認定件数は

25年度の331件に対して

26年度は471件となり、

伸び率は約42%となってしまっています。

通告できていないケースもあると思うので

実際にはもっと虐待が起きている可能性が

あります。

次に、山形で過去に起きた事件について

書いていきます。


スポンサードリンク





山形マット死事件



1993年1月13日、

山形県新庄市立明倫中学校1年の男子生徒が

体育館の用具室内で遺体となって発見された。

遺体は、縦に置かれた体育用のマットの中に

逆さの状態で入っており、調べによると、

死因は窒息死であった。

死亡した生徒をいじめていた当時

14歳の上級生3人を逮捕し、当時13歳の同級生4人を補導しました。

この時点では、警察の事情聴取で

生徒たちは犯行を認めていた。

しかし、その後1人を除く6人の生徒は、犯行の否認や

アリバイを主張し始めました。

これに対して1993年8月23日、

山形家庭裁判所は上級生3人を不処分の決定をした。

一方、補導された同級生3人に対しては同年9月14日、

2人に初等少年院送致、1人に教護院送致の

保護処分が決定された。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。